• ホーム
  • ED薬の副作用は用法と使用量を守れば絶対に生じない

ED薬の副作用は用法と使用量を守れば絶対に生じない

ED治療薬については、服用する際の副作用に関して避けては通れません。
これは、最初に開発されたバイアグラの時代からあったものなので十分に理解しておく必要があります。
バイアグラの効果は言うまでもなく素晴らしかったのですが、その効果があまりにも良かったために世界中で偽物が出回ってしまうようになりました。
バイアグラは即効性があって5時間程度の持続時間を誇りますので、こうした薬を低価で手に入れようと考える人が増えてしまいました。
その結果、正規品ではない偽物を使って使用量を守らずに重大な副作用が身体に残ってしまう人が後を絶ちませんでした。
また、初期型のED治療薬とあってバイアグラには薬を服用した後に生じる副作用に関して不明な点があったという事情もあります。
本来、人間の身体機能を改善するための薬は、その効果を最大限に発揮するために食事の後に服用することが基本です。
食事に含まれている栄養分と密接に絡んで、身体の血液の中にそれが溶けこみ免疫機能を向上させる力が一般の市販薬には存在します。
ところが、バイアグラにはそうした一般的な市販薬のような効果はありません。
勃起不全を治療するために開発された薬は、例外なく血液に溶け込んで血中濃度を変化させる働きを持っています。
血中濃度を変化させる働きを持っているがために、食事をとった後にその栄養分が血液中に吸収された時にどのような効果をもたらすのかがなかなか予測できなかったのです。
治療薬と食事の成分が競合して、中には重大な副作用が生じてしまうことも考えられましたので、実際にバイアグラを服用するときにはそうした予測できない副作用が生じることを避けるために、使用量と用法を守って厳密に利用することが求められました。
そのため、バイアグラ以降の薬でこうした失敗を繰り返さないようにより安全な薬が作られているのです。

関連記事