• ホーム
  • ED治療薬の比較と新薬の登場

ED治療薬の比較と新薬の登場

OKサインを出している男性

日本人男性の3人に1人はEDに悩んでいると言われています。
その改善方法としてED治療薬を服用する人も増えています。
ED治療薬の先駆け的な存在はバイアグラです。
後発の治療薬が続々と発売されていますが、今なおバイアグラの人気は根強く多くの人から人気を博しています。
その理由は、副作用が少ないことと費用が安いということが挙げられます。
バイアグラに続いて認可された治療薬がレビトラです。
バイアグラには食事の影響を受けやすいという弱点がありますが、レビトラはバイアグラと比較して即効性が高く食事の影響を受けにくいという特徴を持っています。
両者を比較すると、バイアグラとレビトラは主成分が異なります。
そのため、薬効もそれぞれの特徴があります。
医薬品には、ジェネリック薬品と新薬という分別があります。
新薬は先発医薬品のことで、一から開発される製品です。
薬の開発はいくつもの実験や治験を経て承認されようやく市場に出回ります。
新薬が開発されると製造特許が有効になります。
この製造特許が有効な期間は、他の製薬会社は同じ内容の薬品を製造することが許されません。
この特許の期間が満了すると同じ内容の薬品を製造することができるようになります。
これがジェネリックです。
ジェネリックは開発コストが少ない分低価格での販売が可能です。
日本では認可されていないジェネリック薬品も数多く出回っていますが、バイアグラやレビトラのジェネリックがいくつもあり、同じ効果で低価格といった商品はかなりの支持を得ています。
ED治療薬は、使用している人が口外しづらいという性質があるため、その情報は豊富にあるわけではありません。
ですので、安全性が確かでない商品をネット通販等で購入する人が多いという現状もあります。
比較サイト・口コミサイトでは安全性に問題がある製品も掲載されているという現状ですので、比較する際は安全性の確認は必須です。

関連記事
人気記事一覧