• ホーム
  • EDになる人の大半は心因性

EDになる人の大半は心因性

心配している男性

EDとは、勃起不全症のことですが、以前の多くの場合は50代60代を過ぎてから、何らかの血管障害や心臓障害から勃起不全にいたるケースが中心でした。
しかし、最近では、若い人の間でもEDが増えています。
この若い人のEDの原因は、大半が心因性です。
どんな場合にそうなるのか?を知って、心因性のEDにかからないようにしましょう。
例えば、心因性になる場合は、たまたま、疲れていて、ペニスのたちが悪かったときなどです。
その場合に、彼女と気まずい思いをしてしまった。
そのようなときに、その気まずさからトラウマになり、「次回も立たなかったにらどうしよう」という思いが恐怖になり、いつの間にか、心因性のEDになってしまうケースが多くあります。
つまり、心因性のEDは起たなかった場合の恐怖によるストレスです。
そのような場合に抑えておくことは、若い男性であっても、体調によって立たないということを知ることです。
または、パートナーの女性がいる場合は、パートナーの女性に認めてもらうことです。
それらを認めないと、起たないときに、「どうしてだろう?どうしてだろう?」と思い込みますますこのような心因性のEDを引き起こし悪化させてしまいます。
確かに、たたないとまずいのはわかりますが、その思いを上手に乗り越えるのが心因性EDの克服だと覚えておくとよいです。
また、同時に、体調によって起たない場合の体調とは、過度のストレスや、慢性的な疲れ、睡眠不足などです。
このような場合は、体調が万全ではないために、たちが悪いです。
そのため、それらの原因となる環境も同時に治すようにすると、心と環境がよくなってきて、次第に回復します。
栄養バランスを良くして脳と体を包む環境をよくするようにすることが大切です。

関連記事
人気記事一覧